ペットに関わる仕事ってどんな仕事がある?

ペットと関わる仕事はたくさんあります。
代表的なものとしてペットショップスタッフやトリマー、獣医師などを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
これ以外にも、ドッグトレーナーやペットシッター、動物看護士などがあります。
また、動物園や水族館などの動物飼育員も、動物と深く関わる仕事です。
それぞれの業務内容を簡単に紹介しましょう。

ペットショップスタッフは、販売だけでなく、ペットのお世話や管理、ペットフードやグッズの仕入れなども行います。
トリマーは犬や猫の毛並みを整えるトリミングが主な業務です。
ドッグトレーナーは、犬を預かりしつけや訓練を行ったり、飼い主に飼い方のアドバイスを行います。
ペットシッターは、飼い主が出張や旅行、入院などで一時的に家を離れるときに、飼い主の自宅で代わりにペットフードを与えたり散歩をしたりといった日常のお世話をします。
動物看護士は、動物病院で獣医師のサポートを行います。
動物飼育員は、担当している動物のお世話を行い、健康で暮らせるように管理します。

ひと口に動物に関わる仕事といっても、それぞれ内容が異なるのです。
自分がどんな形で動物と関わりたいのかを考えて選ぶと良いでしょう。

さまざまな職種を挙げましたが、このうち国家資格が必要となるのは獣医師のみです。
獣医師になるためには獣医系大学で6年間学び、国家試験を受けて合格する必要があります。
そのほかは、特に公的な資格はありません。
動物看護士も、人間の看護師とは違って公的資格はないのです。
獣医師以外は特に何の資格もなしに仕事をしても問題となることはありません。

しかし、どの仕事もペットに対して深い知識や技術が必要です。
これを証明するものとして、多くの民間資格があります。

資格を所有していれば仕事に対する基本的な知識や技術があることの証明となりますので、就職の際も有利です。
獣医師になるためにはもちろん国家資格が必要ですが、それ以外の動物に関わる仕事を目指している場合も民間資格を取得しておくと良いでしょう。

動物看護士のように特定の学校で学ばないと受験資格が得られない資格もありますが、なかには通信講座で取得できるものもあります。
しかし、生きた動物を相手にする仕事ですので、通信教育ではなく専門学校やスクールで学ぶ方が良いでしょう。
なぜなら、学校であれば生きた動物を使った実習を経験でき技術の習得もできますが、通信講座では難しいからです。