ペットロス症候群についてと改善方法

どんなに大切に飼っていても、多くの場合ペットは飼い主より早く亡くなります。
家族ともかけがえのない人生のパートナーとも思っていた愛犬との永遠の別れは、飼い主にとって非常に辛く悲しい経験でしょう。
ペットを亡くして悲しいと思うこと自体は、ごく自然な感情です。
しかし、その悲しみや喪失感を克服できずにいることで、精神面で不調が起きたり身体的な症状が出たりすることがあります。
これがペットロス症候群といわれる状態です。

ペットロス症候群に陥ると、深く落ち込む、助けられなかった自分や家族、獣医師を責め、怒りを覚える、やる気を喪失するといったさまざまな症状が現れます。
不眠や食欲の低下、頭痛、うつ病を発症するケースもみられます。
なかには症状がひどく日常生活を送るのが困難になる人もいるほどです。

ペットロス症候群に陥ったら、無理に忘れようとする必要はありません。
まずは思い切り悲しむことが重要です。
なぜなら、自分の気持ちをごまかして何でもないように過ごそうとするとかえって症状が長引くことになりかねないためです。
いったん、思い切り泣くなどして悲しい、辛いという感情をきちんと出しきりましょう。
思い切り悲しんだら、愛犬との別れという現実も受け入れることができるようになります。
事実を受け入れることが、ペットロス症候群を克服するための大切なステップなのです。

きちんとした葬儀を行って気持ちに区切りをつけるのも、症状の改善方法として有効です。
愛犬のことをよく知る家族や友人と思い出を語り合ったり、思い出の品を飾ったりするのも良いでしょう。
同じ経験をしたことがある友人や知人に相談して辛さに共感してもらうことも、気持ちを和らげる効果があります。

一度愛犬との別れを経験すると、もうこんな苦しみを味わいたくないと次の犬を飼うことなど考えられないかもしれません。
しかし、新たな犬を迎え入れることも、実は有益な改善方法になります。
ただし、これはペットロス症候群の症状がある程度落ち着いてからにしましょう。
なぜなら、悲しみのまっただなかで新しく犬を飼い始めると、その姿に昔のことばかり思い出されてより辛くなるなど、悪化する可能性があるためです。

なお、症状が長引く場合は精神科や心療内科を受診して相談することも検討しましょう。
精神科の受診が早いほど、早く立ち直れる可能性も高いです。
カウンセリングのほか、必要であれば薬も用いながら治療が行われます。