犬の外飼いってどう?気を付けたいことは?

猫を室内飼いにすることは一般的になりつつありますが、犬の場合は外飼いをする人はまだまだ多いでしょう。
外で飼うと家の中が汚れない、ニオイがつかないといったメリットがあります。
また、ワンちゃんが小さなものを誤飲してしまうといったトラブルも防げます。

しかし、注意したいのが犬にも外飼いの向き不向きがあるということです。
なんでもかんでも外で飼うのではなく、向き不向きを考慮して飼う場所を決めるようにしましょう。
柴犬や秋田犬などの日本犬、ダブルコートの犬種などは外で飼うのに向いています。
一方、小型犬や短毛な犬種などは寒い状況に弱く、外は向いていません。

ただし、いくら外飼いが向いているといっても、快適に暮らすためにはさまざまな注意が必要です。
特に注意したいのが、外飼いはノミやダニなどの寄生虫やウイルスに感染しやすいことでしょう。

また、天候の影響をもろに受けてしまいます。
小屋があったとしても、雨や雪の程度によっては濡れてしまいますし、暑さ寒さも防げません。
また、終日外にいるため、土埃や砂などで汚れやすいという問題点もあります。

さらに、通りがかりの他人に悪質なイタズラをされ、怪我をさせられる可能性も否定できません。
それで通行人にかみついて怪我をさせてしまった場合、飼い主が責任を追及されます。

このようにさまざまな危険がある外飼いの犬は、室内飼いよりも平均寿命が短いです。
長く元気に生きてもらうために、ノミやダニに感染していないかこまめに観察し、また汚れているときは洗ってあげるようにしましょう。
ワクチンを打ってウイルス感染を予防することも大切です。
普段あまり目が届かないために、体調の変化に気づきにくい傾向があります。
意識して普段と違う様子はないか観察することも大事でしょう。

犬が休めるように犬小屋を設置することも大切です。
さらに、天候に合わせて対策することも重要で、あまりに雨風が強いときや寒いとき、暑いときなどはできるだけ家の中にいれるようにしましょう。
通行人が嫌がらせをするようなら、それに対してもきちんと対策することが必要です。
道路から届かない敷地内の奥の方につなぐ、監視カメラを設置する、室内飼いに変更するなど、状況にあった方法をとりましょう。

脱走していかないように、庭で放し飼いにするのではなく、きちんと鎖やリードでつなぐことも大切です。
そのときは、鎖を長すぎず短すぎない適切な長さにするよう注意しましょう。
短すぎて動けないようだとストレスになりますし、長すぎると思わぬ場所に絡まって首がしまったり身動きできなくなったりといったことが起こります。